『てるちゃんのかお』

てるちゃんのかお
てるちゃんのかお
藤井輝明/文 亀澤裕也/絵 2011年7月発行 金の星社
「てるちゃんはてるちゃん。てるちゃんのいいところを、いっぱいのばしていくの」海綿状血管腫という病気で、顔に大きなこぶのあるてるちゃん。いじめや差別をうけてきたてるちゃんに、ずっとそういいつづけてきたお母さんは...。「あなたは顔で差別をしますか」藤井輝明さん初めての絵本。 Google Books

月間累計 3冊
年間累計 23冊
スポンサーサイト

テーマ : 読んだ本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

『いのちの車窓から』


いのちの車窓から
星野源/著   2017年3月発行   KADOKAWA
星野源が、雑誌『ダ・ヴィンチ』で2014年12月号より連載をスタートし現在も継続中のエッセイ「いのちの車窓から」が新たに<書き下ろし>を加えてついに単行本化!

月間累計   2冊
年間累計   22冊

テーマ : 読んだ本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

『アンマーとぼくら』


アンマーとぼくら
有川浩/著   2016年7月発行   講談社
休暇で沖縄に帰ってきたリョウは、親孝行のため「おかあさん」と島内を観光する。一人目の「お母さん」はリョウが子供の頃に亡くなり、再婚した父も逝ってしまった。観光を続けるうち、リョウは何かがおかしいことに気がつく。
月間累計   1冊
年間累計   21冊

テーマ : 読んだ本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

『幹事のアッコちゃん』


幹事のアッコちゃん
柚木麻子/著   2016年2月発行   双葉社
アッコ女史&“永遠の部下”澤田三智子みたび! 「アッコちゃん・ロス」の方々の嘆きが編集部に届き、期待にお応えして、今回はすべて黒川敦子登場の「オール・アッコちゃん」短編集。とてつもない存在感でいつでもブレない、ご存じアッコ女史が今回もストレートすぎる叱咤激励を連打します! 妙に冷めた若手男性社員、敵意を持ってやってきた取材記者、そして時間がうまく使えない三智子。栄養たっぷりのアドバイスはいかが。さくっと読めて元気をもらえるビタミン小説、待望の第3弾! アッコちゃんの意外な一面も!?
月間累計   2冊
年間累計   20冊

テーマ : 読んだ本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

『世界からボクが消えたなら―映画「世界から猫が消えたなら」キャベツの物語』

世界からボクが消えたなら

世界からボクが消えたなら

涌井学/著 川村元気/原作 2016年5月発行 小学館文庫

余命わずかと宣告されたご主人さまは、自分と同じ姿をした悪魔と取引をした。「この世界からモノを一つ消す。そなかわりに、キミの命を一日ぶんだけ延ばす」と。電話、映画、時計……。モノが消えていくたびに、ご主人さまと結びついていた人の記憶までが失われていくようだ。そして悪魔は、世界から猫を消すと提案する。ボクのことなんて消してしまっていいんだよ、ご主人さま……。最後に、飼い主が選択した決断とは!?
百万部突破!感涙のベストセラー原作の映画『世界から猫が消えたなら』を、主人公の飼い猫であるキャベツの視点で描いた、感動の物語。

月間累計 1冊
年間累計 19冊

テーマ : 読んだ本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

プロフィール

ゆかえる

Author:ゆかえる
元PTA会長。
子どもの頃は「本の虫」。
いつの間にか本と距離ができ、
今、また児童書の良さに感動!!
子どもの手の届く場所にいつでも本のある家にしたいと思います。

画像は我が家の子ども達が通っていた小学校の校章
『希望の鳩』
安野光雅さんがデザインしてくださいました。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる