『愛についてのちいさなおはなし』 他1冊

愛についてのちいさなおはなし
愛についてのちいさなおはなし
マリット・テーンクヴィスト/作 野坂悦子/訳 1998年8月発行 小峰書店
女の子は、いつも 海のうえに すわっていた。
昼も、夜も、 天気が どんなに悪くても。
1996年オランダ・銀の石筆賞を受賞した 愛する心を繊細に描く絵本。

クリスマスをわすれたサンタクロース
クリスマスをわすれたサンタクロース
カリン・フォン・オルダースハウゼン/文 ガービ・フルック/絵 泉典子/訳 2005年11月発行 評論社
さむい冬なんか、もうこりごりだ! サンタクロースは、えんぴつで太陽をかいた。すると、雪がとけ、だんだんあたたかくなり、あっというまに、夏がきた! 大よろこびのサンタクロースは…?

月間累計 11冊
年間累計 81冊
スポンサーサイト

テーマ : 読んだ本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ゆかえる

Author:ゆかえる
元PTA会長。
子どもの頃は「本の虫」。
いつの間にか本と距離ができ、
今、また児童書の良さに感動!!
子どもの手の届く場所にいつでも本のある家にしたいと思います。

画像は我が家の子ども達が通っていた小学校の校章
『希望の鳩』
安野光雅さんがデザインしてくださいました。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる