『ひゃくおくまんのサンタクロース』 他3冊

ひゃくおくまんのサンタクロース
ひゃくおくまんのサンタクロース
もたいひろこ/文 マリカ・マイヤラ/絵 2014年12月発行 アノニマ・スタジオ
むかしむかし、サンタクロースは、子どもたちにプレゼントをくばるために、ひとりでがんばっていました。時がたち、人間のかずがふえ、子どものかずもふえました。ひとりではくばりきれなくなったサンタクロースは、神さまにおねがいをして...。

いくらなんでもいくらくん
いくらなんでもいくらくん
シゲタサヤカ/著 2013年11月発行 イースト・プレス
城下町に突然あらわれた「なんでも屋」と名乗る、謎のイクラ鮨。その想像をはるかに超える「なんでも屋」ぶりに、お殿様はもうメロメロ。イクラとシゲタサヤカの無限の可能性を感じられる1作。

とうめいにんげんのしょくじ
とうめいにんげんのしょくじ
塚本やすし/作 2015年11月発行 ポプラ社
透明人間だって、たっぷり食べて、すっきりウンチしたい! ほら、とんかつやキャベツがういてるでしょ? これ、透明人間が食べたんです。

あたまにつまった石ころが
あたまにつまった石ころが
キャロル・オーティス・ハースト/文 ジェイムズ・スティーブンソン/絵 千葉茂樹/訳 2002年7月発行 光村教育図書
切手にコイン、人形やジュースのびんのふた。みなさんも集めたこと、ありませんか?わたしの父は、石を集めていました。まわりの人たちはいいました。「あいつは、ポケットにもあたまのなかにも石ころがつまっているのさ」たしかにそうなのかもしれません。
2001年度ボストングローブ・ホーンブック賞 ノンフィクション部門 オナー賞受賞作

月間累計 18冊
年間累計 101冊
スポンサーサイト

テーマ : 読んだ本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ゆかえる

Author:ゆかえる
元PTA会長。
子どもの頃は「本の虫」。
いつの間にか本と距離ができ、
今、また児童書の良さに感動!!
子どもの手の届く場所にいつでも本のある家にしたいと思います。

画像は我が家の子ども達が通っていた小学校の校章
『希望の鳩』
安野光雅さんがデザインしてくださいました。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる