『サンタの友だちバージニア―「サンタはいるの?」と新聞社へ投書した少女』 他6冊

サンタの友だちバージニア
サンタの友だちバージニア―「サンタはいるの?」と新聞社へ投書した少女
村上ゆみ子/著 東逸子/絵 1994年12月発行 偕成社
「サンタっているの?」と、百年ほどまえ、新聞社に投書した少女がいた。その名はバージニア・オハンロン。この素朴な質問に、ニューヨークのサン新聞は「社説」で答えた。その名文は、いろいろな形で読みつがれ、多くの人びとの心をあたためてきた。しかし、その少女のことはほとんど知られていなかった。「社説」の読者の要望に応え、バージニアの足跡をたどってみた。

クリスマスの森
クリスマスの森
ルイーズ・ファティオ/文 ロジャー・デュボアザン/絵 つちやきょうこ/訳 2015年10月発行 福音館書店
クリスマスプレゼントを届ける前に森のはずれで一休みしたサンタさんは、そのまま眠ってしまいます。それを見た森の動物たちは、手分けしてプレゼントを届けてあげます。

クリスマスの夜はしずかにね!
クリスマスの夜はしずかにね!
ジュリー・サイクス/作 ティム・ワーンズ/絵 なかおえつこ/訳 1996年11月発行 文溪堂
きょうはクリスマスイブ。
サンタクロースは、ワクワク ドキドキ、うれしくて、おもわず おおきなこえを だしてしまいます。
でも、きおつけて。
こどもたちが おきてしまいますから。
しずかに、しずかに……。

ママがおばけになっちゃった!
ママがおばけになっちゃった!
のぶみ/作 2015年7月発行 講談社
「ママ、すごい! とうめいで すけてるよ!」
「そうよ、おばけなんですもの。」
「ぼく、どう すれば いいの?」
「ぼくが ママの こどもで よかった?」

バムとケロのさむいあさ
バムとケロのさむいあさ
島田ゆか/作/絵 1996年9月発行 文溪社
きょうは とっても さむいひ
おうちの うらのいけは きっと こおっているから あそびにいこう!

ゆきのひのいえで
ゆきのひのいえで
まるやまあやこ/作/絵 2014年11月発行 学研教育出版
妹のちいちゃんの世話で忙しいお母さん。
まなが「えほんよんで」と言っても「ちょっとまってね」
しかたなくひとりで遊んでいたまなが ちいちゃんを泣かせてしまうと……

あたらしいわたしの探し方
あたらしいわたしの探し方―なんでも魔女商会<23>
あんびるやすこ/著 2015年12月発行 岩崎書店
「こんな日に、ほうきにのって飛んだら、きっと気持ちがいいんでしょうね」
雲ひとつない青空をみあげながら、ナナはリフォーム支店にやってきました。まっ赤なドアの前に立つと、その横に一本の、みなれないほうきがたてかけてあるのをみつけます。
いったい、どんな魔女のおきゃくさまがきているのでしょうか?

月間累計 8冊
年間累計 8冊
スポンサーサイト

テーマ : 読んだ本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「サンタの友だちバージニア」村上ゆみ子

「サンタっているの」と、百年ほどまえ、新聞社に投書した少女がいた。 その名はバージニア・オハンロン。 この素朴な質問に、ニューヨークのサン新聞は「社説」で答えた。 その名文は、いろいろな形で読みつがれ、多くの人びとの心をあたためてきた。 しかし、その少女のことはほとんど知られていなかった。 「社説」の読者の要望に応え、バージニアの足跡をたどった。 12月18日NHKの番組「...

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ゆかえる

Author:ゆかえる
元PTA会長。
子どもの頃は「本の虫」。
いつの間にか本と距離ができ、
今、また児童書の良さに感動!!
子どもの手の届く場所にいつでも本のある家にしたいと思います。

画像は我が家の子ども達が通っていた小学校の校章
『希望の鳩』
安野光雅さんがデザインしてくださいました。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる