『バナナじけん』   他2冊


バナナじけん
高畠那生/作   2012年12月発行   BL出版くるまからバナナがひとつおちました。そこへさるがきて、バナナをはっけん。どうするとおもう?もちろん、パクッ!そしてかわをポイッ。すると、そのあと…。みんなで笑える楽しい絵本。


じまんのマフラー
マーシャ・ダイアン・アーノルド/文   マシュー・コーデル/絵   椎名かおる/訳   2016年1月発行   あすなろ書房
冬にぴったりの楽しい絵本です。
ある雪の日、くまくんじまんのマフラーが、風にとばされてしまいます。
それを見ていた2ひきのアライグマは、どちらもマフラーがほしくて取り合いに。
機転を利かせた1ぴきが雪玉を投げたら、相手の顔にみごとに命中!
当てられた方は、怒ってマフラーをおいて走り去ります。
すると、それを見ていたビーバーが……。
というように、ページをめくるたびに、マフラーがほしい動物たちがつぎつぎ登場。
使い道はいろいろで、マフラーはぼうしになったり、トランポリンになったり、七変化。
ページをめくる楽しみがたっぷりつまった、ユニークなくりかえし絵本です。


ぼくのニセモノをつくるには
ヨシタケシンスケ/作   2014年9月発行   ブロンズ新社
けんたくんは、やりたくないことをやらせるために、おてつだいロボを買いました。ロボは完璧なニセモノになるために、けんたくんのことをあれこれ知りたがります。「自分らしさって?」、「人からどう思われてる?」考えれば考えるほど、複雑でややこしい。だけど、なんだかちょっとたのしくなってきて……

月間累計 6冊
年間累計 15冊
スポンサーサイト

テーマ : 読んだ本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ゆかえる

Author:ゆかえる
元PTA会長。
子どもの頃は「本の虫」。
いつの間にか本と距離ができ、
今、また児童書の良さに感動!!
子どもの手の届く場所にいつでも本のある家にしたいと思います。

画像は我が家の子ども達が通っていた小学校の校章
『希望の鳩』
安野光雅さんがデザインしてくださいました。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる