『クリスマスって なあに?』   他3冊


クリスマスってなあに?
ジョーン・G・ロビンソン/文・絵   こみやゆう/訳   2012年11月発行   岩波書店
冬の楽しみといえば、クリスマス! でもそもそも、クリスマスっていつからはじまったか、何の日か知ってますか? イエスさまの誕生から、クリスマスを迎える準備やお祝いの習慣、サンタクロースのことまで
――3色刷りの愛らしいイラストとともに、クリスマスについてやさしく語る絵本です。


かぜ
イブ・スパング・オルセン/作   ひだにれいこ/訳   2016年11月発行   亜紀書房
「かぜが どこからふいてくるか みにいこうよ」
俵万智さんおすすめ!
「風を追いかけて、心に翼が生えてくる。一つのことを追いかけて、世界のことが見えてくる。軽やかで深い絵本です。」
――かぜのこえに みみをすまそう
おねえちゃんのマチルデとおとうとのマーチンは、かぜをおいかけてのはらをずんずんかけていきます。ふたりがおしゃべりすると、かぜもピューピューうたいだし、すてきなせかいがあらわれます。
「国際アンデルセン賞」の絵本作家、「つきのぼうや」の作者・オルセンの名作を、みずみずしい新訳で。


サンタクロースとあったよる
クレメント・クラーク・ムーア/詩   ホリー・ホビー/絵   二宮由紀子/訳   2014年11月発行   BL出版
クリスマス・イブ
もう だれもが ねむりにつくころ まどのそとは とても しずかで こどもたちは あたたかいもうふのなかで おもいおかしの ゆめを みている そのとき そとに みえたのは……?
⭐︎約200年前、ひとつの詩からうまれたイメージ。世界中の人たちに愛されている クリスマスのまえのばんのおはなしです。


もみの木のねがい
エステル・ブライヤー/ジャニー・ニコル/再話   おびかゆうこ/訳   こみねゆら/絵   2016年10月発行   福音館書店
もみの木は、自分のチクチクした葉が大嫌いでした。妖精に頼んで、柔らかい葉に変えてもらいますが、ヤギに食べられてしまって… 繊細で美しいクリスマス絵本です。

月間累計   9冊
年間累計   48冊
スポンサーサイト

テーマ : 読んだ本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ゆかえる

Author:ゆかえる
元PTA会長。
子どもの頃は「本の虫」。
いつの間にか本と距離ができ、
今、また児童書の良さに感動!!
子どもの手の届く場所にいつでも本のある家にしたいと思います。

画像は我が家の子ども達が通っていた小学校の校章
『希望の鳩』
安野光雅さんがデザインしてくださいました。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる