『イン・ザ・プール』


イン・ザ・プール
奥田英朗/著   2002年5月発行   文藝春秋
ヘンな人々のビョーキの物語
どっちが患者なのか? 精神科医伊良部のもとを訪れた悩める者たちは、その稚気に驚き、呆れ……。今、注目の新鋭が放つ連作短篇集

月間累計   8冊
年間累計   8冊
スポンサーサイト

テーマ : 読んだ本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

イン・ザ・プール 奥田英朗

伊良部総合病院地下にある神経科を訪ねた患者たちは、甲高い声に迎えられる。 色白で太ったその精神科医の名は伊良部一郎。そしてそこで待ち受ける前代未聞の体験。 プール依存症、陰茎強直症、妄想癖…訪れる人々も変だが、治療する医者のほうがもっと変。 こいつは利口か、馬鹿か?名医か、ヤブ医者か。 再読。始めは戸惑いました。シリアスなイメージから一転。笑撃!のコメディです。 強引で支離滅裂...

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ゆかえる

Author:ゆかえる
元PTA会長。
子どもの頃は「本の虫」。
いつの間にか本と距離ができ、
今、また児童書の良さに感動!!
子どもの手の届く場所にいつでも本のある家にしたいと思います。

画像は我が家の子ども達が通っていた小学校の校章
『希望の鳩』
安野光雅さんがデザインしてくださいました。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる