『空中ブランコ』

空中ブランコ
空中ブランコ
奥田英朗/著 2004年4月発行 文藝春秋
ジャンプがうまくいかないサーカス団の団員、先端恐怖症のヤクザ……。精神科医伊良部のもとには今日もおかしな患者たちが訪れる

月間累計 3冊
年間累計 11冊
スポンサーサイト

テーマ : 読んだ本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

空中ブランコ 奥田英朗

伊良部総合病院地下の神経科には、今日も悩める患者たちが訪れる。 だが色白でデブの担当医・伊良部一郎には妙な性癖が…。 この男、泣く子も黙るトンデモ精神科医か、はたまた病める者は癒やされる名医か!? 直木賞受賞、絶好調の大人気シリーズ第2弾。 再読。イン・ザ・プールに続く伊良部シリーズ。相変わらず痛快で面白かったです。 2冊目で、すっかり伊良部のファンに。でも実際には関わりたくな...

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ゆかえる

Author:ゆかえる
元PTA会長。
子どもの頃は「本の虫」。
いつの間にか本と距離ができ、
今、また児童書の良さに感動!!
子どもの手の届く場所にいつでも本のある家にしたいと思います。

画像は我が家の子ども達が通っていた小学校の校章
『希望の鳩』
安野光雅さんがデザインしてくださいました。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる